医師求人都立病院TOP >> 都立病院の医師の転職 >> 面接対策

都立病院の医師の面接対策

都立病院で就職すると都の職員、つまり地方公務員の立場になります。そのため、安定した人生設計などが期待され、転職を希望する人も多くいます。では、採用試験の際の面接はどのような対策を立てるとよいのでしょうか。

採用を検討する側にとって重要なのは、応募者が「医師として何ができるのか」ということです。病院は地域や患者に求められる医療を常に応えていく必要があります。そのため、その病院のニーズに合った診療を行ってくれる医師が最も必要なのです。そうしなければ、採用する意味がないと言っても過言ではありません。

都立病院は高度な専門分野を持つ病院です。都立病院がどのような医師に何を求めているのかを押さえ、またなぜ医師を募集しているのかという募集背景を知ることが大切です。また同様に、どのような患者を受け入れているのかという患者層や、疾患の内容を知ることも大切です。

また、都立病院を希望する理由や自分の今までの経験をどう生かせるか、そしてキャリアアップへの展望など自分のことについてももう一度整理して、考えておく必要があります。

さて、都立病院は確かに安定しています。しかし大手の一般病院であれば、都立病院同様に安定した勤務体制の場合があります。そこで面接の際に「安心感やスキルアップ」などを羅列しても他の多くの応募者と同じような文言になり、説得力がなくなります。「なぜ自分は都立病院で働きたいのか」をもう一度自分に深く問いかけ、志望動機をアピールすることが必要になってきます。

では逆に、面接で落とされる人はどのような人が多いのでしょうか。マナーが悪い人、会話のキャッチボールが出来ない人、自己主張が強すぎる人などがそうです。特に、都立病院という信頼性の高さから、マナーなどは特に注意する項目だと言えるでしょう。面接に落ちる人の典型は患者や組織、社会貢献などの話をせず、ただ自分目線の希望などだけを語ったり、需要と供給がマッチしていなかったりする人です。

では、採用したいと思われる人はどのような人でしょうか。例えば、相手の気持ちを察することができ、真摯さや一生懸命さを感じられる人ではないでしょうか。患者の立場としても、そういった医師であれば安心感を覚え、信頼を置けるでしょう。また、医師という多忙な職場に耐えられる精神的なタフさも求められると言えます。そして、前職での失敗や後悔もはっきりと伝えることができ、将来性やキャリアプランをしっかりと語れる人ではないでしょうか。



都立病院への転職におすすめ!医師転職サイト人気ランキング!

  サービス名 エリア 詳細
リクルートドクターズキャリア 全国 詳細
医師転職ドットコム 全国 詳細
エムスリーキャリア 全国 詳細



Copyright (C) 2015-2018 医師求人都立病院ランキング All Rights Reserved.