医師求人都立病院TOP >> 都立病院の医師の転職 >> 志望動機

都立病院の医師の志望動機

都立病院は、中途採用や寝室採用に関係なく採用を行っているために、医療経験者と学生の双方から高い人気があります。もちろん、その志望動機は様々ですが、大きく分けると2つほどの志望動機があるようです。

まず一つ目の志望動機は、年収や福利厚生といった面です。一般企業での転職希望でも、やはり年収や福利厚生に不満を持って転職するケースが多くあります。医師の場合は年収が高いため、医師以外の職業に比べて年収の差が大きくなりやすいと言えます。医師の仕事は多忙で、人の命などに直接かかわる仕事ですので、精神的ストレスも多いと言われます。そのため、「せっかく忙しく働いているのだから、もう少し給料をもらえる病院へ行きたい」と考えるのは、ごく普通のことと言えます。都立病院の場合、平均年収は約1200万円と言われています。医師全体の平均年収が約1150万円と言われていますので、50万円ほどの差があります。

また、都立病院の医師は東京都の職員という、地方公務員の立場となります。そのため福利厚生などもしっかりとしており、年収と含めてその点でも都立病院への志望が増えると言えるでしょう。病院の規模に関係なく、医師は多忙で「子どもと一緒の時間を増やしたい」「親の介護に時間をあてたい」など、家族との時間を確保したい医師は多いと言えます。週休2日制で年次有給休暇や夏期休暇があり、育児休業や育児短時間勤務などといった福利厚生が整った都立病院は、そういった医師たちにとって非常にありがたい勤務体系と言えるでしょう。

さて、もう一つの志望動機は専門分野を高めるということです。通常、大学の医学部を6年かけて卒業し、2年間研修医として学びます。そこから医師として経験を積んでいきます。その中で価値観が変化したり、学生の時に抱いていたキャリアのイメージと違ってきたりということはよくあります。さらに、医師としてのスキルアップ、主に知識を深め、確かな技術力を養いたいということは、医師であれば誰しもが抱くことでしょう。都立病院は、救急医療や感染症医療、周産期医療に災害医療など、現代の医療機関に必要な知識や技術を発信しています。当然、その中で働くことによって最新の技術や知識、そして医師としてのスキルアップが期待できます。

以上のことから、都立病院の医師の志望動機は、「高い年収や安定した福利厚生」と「救急医療を始めとした最先端医療を学び、医師としての知識や技術を磨くことができる」というものが多いと言えます。



都立病院への転職におすすめ!医師転職サイト人気ランキング!

  サービス名 エリア 詳細
リクルートドクターズキャリア 全国 詳細
医師転職ドットコム 全国 詳細
エムスリーキャリア 全国 詳細



Copyright (C) 2015-2018 医師求人都立病院ランキング All Rights Reserved.